私は、ガレージ沖縄の社長になれた事、夢が叶った事をすごく幸せに想い毎日が、大好きな車に囲まれ、私がこだわって仕入れた車を褒めていただき、買っていただく…お客様に囲まれ、なによりもそのお客様を大切にしてくれて、私についてきてくれる、会社を盛り上げてくれるスタッフ達に感謝の気持ちで毎日がハッピーで幸せな日々を送っています。

社長室から東シナ海が眺望でき2階のスタッフミーティングルームも癒し空間…


私は母親から聞いた話だと、三才頃からミニカーを集めて中古車センターを作ったり、道で走っている車の名前を全部言えたようです。子供の頃からの夢は「中古車屋さん」になることでした。国産、外国車を問わず全メーカー好きな車に乗れ、洗車して、磨いて、ながめている…だけで幸せなのです!社長になる為には学生の時より「10年間はサラリーマンとして頑張ろう、仕事は辛くても転職しない」と2つにこだわりました。県内で大学を卒業して、東京の大手不動産会社(東証一部上場企業)へ入社することができ、入社1年目で、成績トップでボーナスが200万円ありました。自信と同時に、それからが大変で、10年間サラリーマンとして自分自身を磨きました。

1999年・平成11年3月 ガレージ沖縄浦西支店オープン当時


 

2002年・平成14年11月 ガレージ沖縄琉大前本店オープン(首里本店から移転)


沖縄に帰ってきて長年の夢である土地を首里に24才で購入して、27才で地下1階地上3階建ての自宅を建てる事ができ、その自宅の一階に平成7年、ガレージ沖縄をオープンさせました。 小さいお店でしたがその時はVIPカーが流行していて、セルシオやシーマ、セド・グロ、アリスト、マジェスタ等の高級車が飛ぶように売れ、平成11年に250坪の土地を借り、ガレージ沖縄「浦西店」をオープンさせました。さらに車輌の質、仕入れの評価が口コミで広がっていただき、平成14年には現在の1000坪弱の土地にガレージ沖縄「琉大前店」をオープンさせ、自宅の1階首里本店を琉大前本店として移動し平成15年11月9日、私の誕生日に有限会社オフィスMIYAとして法人登記をし、総在庫150台~200台と事業を拡大し、現在に至ります。

2005年・平成17年3月 ガレージ沖縄R330プレミアム店オープン


当社が急成長いたしました理由とは、オープン時よりこだわっている「ワンオーナー&禁煙車」ディーラー様で、新車時より整備記録簿の付いたディーラー管理車にこだわり「私がお客様の喜ぶ顔を想像して仕入れています…」(TV・ラジオCMでおなじみのキャッチコピー)を、合言葉に県民の皆様に広く親しまれまた、スタッフの人柄、人間好きをモットーにこだわり面接時には最低1時間以上、長い方で6時間近くコミュニケーションをとって、当社にきていただいた「接客のプロスタッフ達」です!私はじめ工場メカニック以外は、営業職他、全て、車業界未経験者ですョ…!人間好きスタッフ達です…!

2007年・平成19年3月 ガレージ沖縄R34プレステージ店オープン


今、国内及び世界では様々なことが起こり、経済的にも大変厳しい状況にあります。当社でも、2011年3月の東日本大震災で、全国のディーラー様、オークション会場に当社のこだわりでもあり看板でもある「ワンオーナー&禁煙車」が仕入れる事ができなくなり、売上が急激にダウンしました。そのときにはリピーター様が「5・6ヶ月待つよ」とおっしゃっていただいたお客様が多数おられました…
 

ガレージ沖縄CMガールズ

 

また、2008年9月全世界を震撼させたリーマンショック以後、県内の大手ディーラー様も不況の煽りを受け、店長クラスを集めて当店へ視察にきたいと申し出がありました。なぜなら、その当時我が社はTV3局、ラジオ、CM等を賑わし、年商10億円企業として毎月100台ペースで販売していました。今でもすごく誇りに思い、現在のスタッフの自信にもつながっています。
 

フェラーリ談義に花が咲きました


全国紙である報道通信社発刊の報道ニッポン(2010年6月号)の特集”日本再生の鍵を握る 各界のキーパーソンたち” において、県出身のボクシング元WBC世界チャンピオン具志堅用高氏がインタビューで来訪された際にも、30分の撮影予定が車好きの具志堅氏と話が盛り上がり、2時間以上となりました。合言葉は「I LOVE ガレージ沖縄」(TV・ラジオCMキャッチコピー)といっていただける様、サービス業として毎日、切磋拓磨しながらこれからもスタッフ全員精進を重ね、社会に貢献し、皆様に愛されるお店を創って参る所存でございます。

琉大前本店ショールーム


今後とも皆様のより一層のご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2010年・平成22年3月世界チャンピオン具志堅用高氏と記念撮影